フューチャー・オブ・ワーク

先に紹介しました高尾隆さんと中原淳さんによる「Learning × Performance インプロする組織  予定調和を超え、日常をゆさぶる」では、企業・組織の活動を日常/非日常という視点から捉えていました。

アイデアキャンプの書籍ではコレクティブな活動:組織的分業/コネクティブな活動:接続的創造という視点から、企業・組織の活動を捉えました。
コレクティブな活動
・役割分担を基に分業と調整を行い、各人の努力が組織のアウトプットにまとまるように統合
・組織の形態としてはヒエラルキー型となることが多い
コネクティブな活動
・多様な人の多様な視点で新たなアイデアを生み出す
・いつもの役割を離れ、ダイナミックなネットワーク型の組織を作り出す

この捉え方は幾つかの文献や書籍から影響を受けていますが、こうした働き方の違いを分かりやすく説明しているもののひとつが、トマス・W・マローンによる「フューチャー・オブ・ワーク (Harvard business school press)」だと思います。

情報伝達コストと組織のあり方の関係、権限を集中する組織と分散させた組織の違いやメリット/デメリットなどが説明された上で、集中化された階層型組織と分散化されたネットワーク型組織をどうバランスさせ二つの矛盾した組織のあり方を超越した組織を作り出せるのか、について論じられています。

AかBかという二元論ではなく、それらを止揚して良いトコ取りはできるのか?ということですね。
コレクティブな活動はオフィスの中で、コネクティブな活動はオフィスの外へ、というのがベーシックなアイデアキャンプのスタイルです。もちろん他にも色々な組み合わせ方があることでしょう。

もちろん集中管理型でガンガン行くような会社はこれからもあるでしょうし、分散育成型でダイナミックに動く会社もあることでしょう。そうした戦術のバリエーションが広がるにつれて、それぞれの企業・組織がみずから戦術の立ち位置をより明確にしていくことが求められているのだと思います。

帯には「『命令と管理』から『調整と育成』へ」と書かれています。
「アイツこんど管理職になったんだってさー」という会話がされる会社と、
「アイツこんど育成職になったんだってさー」という会話がされる会社とでは、
ナニかが違う気がします。

そうした違いはサッカーチームのスタイルの違いに近いのではないか、と良く思います。代表チームでは国民性が反映される部分がありますし、監督が変われば戦術ががらりと変わることもあります。どういったシステム・スタイルが良い悪いといった議論もよくされますが、勝てば褒められ,負ければ貶められる…。こうした点も企業のシステム・スタイルと近いようにも思います(w

エントリー経営の未来+組織の重さでも近い書籍をいくつか紹介しています。


インプロする組織

高尾隆さんと中原淳さんによる「Learning × Performance インプロする組織  予定調和を超え、日常をゆさぶる」を読みました。

即興演劇:インプロを用いたワークショップをさまざまな組織・企業に向けて行った記録、その文脈と意味がお二人の文章および対談によって綴られています。
「そうそうアイデアキャンプもそういうことなんです」と言いたくなる文章が多く、とても勉強になりました。そして、インプロの特徴が五つ紹介されているのですが、それがとてもキャンプの特徴とも近いと思いました。

幾つか引用したいと思います。

第2章 企業でインプロを実践することの意味

組織社会化の「諸刃の剣」 – メリットとデメリット
p. 58
かくして、これまでの商品やサービス、それを支えるオペレーションを守りつつ、同時に「エッジの効いた新たな物事」を創造していくことが、企業・組織には求められます。
(中略)
今、私たちは、何らかのかたちで「慣性軌道(イナーシア)」を脱出し、いったん「外部の視点」から日常を見つめ直したり、「内省」したりする機会が必要になるのです。
今,私たちが直面していることは、何らかのかたちで、個人をゆさぶり、組織をゆさぶることなのです。

インプロの反転世界 – 五つの特徴
p.65 以上、私たちはインプロの五つの特徴を見てきました。「即興的」「創造的」「恊働的」「脱権力(民主的)」「共愉的」…もうすでにおわかりのように、インプロは、私たちの典型的な日常生活を、一時的に裏返した活動であり、そこで生まれうる世界は「反転世界」です。この「反転世界」こそが、「日常」の異化のきっかけであり、人々を深いレベルの内省に誘うのです。

高尾さんのtwitterを読ませていただくと、即興演劇はサッカーにも近いようです。確かに五つの特徴を備えていますし、ブラジルの舞踊的格闘技カポエイラにも近いと思いました。

もちろんキャンプもこれらの特徴を備えていますね。:-)
ここで言われている「日常」がアイデアキャンプで言うところの「コレクティブな活動」であり、「反転世界」が「コネクティブな活動」に相当します。

3章ではワークショップで行われた「がんばらない腕」「魔法の箱」「さしすせそ禁止」など幾つかのアクティビティを通じて、参加者どうしの関係がどのように変化していったかがドキュメンタリー的に描き出されています。
4章では、高尾さんによる1章「からだを動かし、日常をゆさぶるパフォーマティブ・ラーニング」と中原さんによる2章「企業でインプロを実践することの意味」で述べられた内容が対談形式で再度すこし違った視点から編み上げられています。

身体を使って半ば無意識的に関係を築くインプロと日々利益を上げるための業務との関係は、カーニバル・祝祭・祭りといった非日常と日常の関係として述べられています。

4章 対談◎パフォーマティブラーニングの時代〜身体・学び・イノベーション

身体性回復へのまなざし
p.231 もともと近代以前の社会では、こいうった非日常的な身体をともなったカーニバルがどの組織、どのコミュニティにも存在していたのだと思います。それが日常をフレッシュにし続けていた。カーニバルという祝祭の場は、日常を続けていくための大きな働きを持っていたのだと思います。それが、近代社会の中でいろいろなものを合理化していくときに、一見、不合理なカーニバル的なものを全部削り落としていった。ノリで動いてしまうような即興的なからだは、予測不可能で統制ができない怖いものだ。人どうしの予定外の直接的な出会いも、ちゃんと計算してつくられた既存の組織を崩してしまう恐れがある。だからそういうものたちを排除した。その結果、変化することのない、リスクのない、管理されたからだと管理された組織が残り、そして息が詰まっていった…。
日常を維持するためにも、ほんとうはカーニバルが必要なんですよね。そのカーニバル的なものがなくなったときに、今の組織やコミュニティは苦しくなってきたのだと思います。だからといっていまさら会社で宴会や運動会などの以前同様の祭りをやってもみんな参加したがらないし、その効果も疑問でしょう。だから、祭りに変わるカーニバル的なものを人工的にでもつくる必要がある。感覚が鋭い企業は今、そういうものを探しているんでしょうね。

「そういうもの」として会社の外で行われるワークショップに注目が集まっているように思います。先に述べられた五つの特徴:「即興的」「創造的」「恊働的」「脱権力(民主的)」「共愉的」をそなえたものは、特にこれから注目されることでしょう。
ぜひ一度、高尾さんのインプロワークショップも体験したいです。


会議じゃない会議?:アンカンファレンス in ニコニコ学会β合宿

先日、筑波で行われたニコニコ学会βの合宿に運営委員長として参加してきました。全体の司会というかオーガナイザーというか裏方さんとしての参加です。

この合宿では、特に何を話しあうかは事前に決めず、その場に集まった人達どうしで何を話し合うかを決める「アンカンファレンス」という方法で初日の午後と2日目の午前中、熱い議論が交わされました。

アンカンファレンスの進め方を紹介しているサイトが幾つかありますので、参考にしてもらえればと思います。

議題を提供したい/発表をしたい人が、この時間にこのセッションで話をしたいという意志を表明して、タイムテーブルに埋めていきます。参加者はそれぞれ関心のあるセッションに散らばって議論しあいます。セッションを行ったり来たりするのもOKです。
参加者全員で作り上げるカンファレンス・会議が「アンカンファレンス」だと言えるでしょう。

合宿では、まず最初に車座になって、簡単にこんなことに関心があって来ました等と自己紹介をしあいました。
次に、初日に議題を提供したいと思った人が、初日のタイムテーブルにテーマを書いて貼っていきました。近いテーマは合流してもらい、まず最初の9セッションが決まりました。
議論を重ねる中で話し合いたいことが出てくる人もいることでしょう。初日の夕食後に2日目の議題を提供してもらいました。

セッションが同時並行で行われたので、全員がすべての議論に参加したわけではありません。合宿の最後に全体の内容を共有できるよう、議題を提供した人がセッションのまとめをポストイットに書いて発表しあいました。


同じ組織の中で話したいことがある人達・何かモヤモヤしている人達が集まってとにかく話し合う、そんな合宿キャンプをやると、非常に楽しくそれでいて生産的なオフサイトミーティングを実現できるなぁ、と思いました。

2日目の午後はみんなでJAXAに社会科見学。宇宙やロケットって、人を少年少女に一気に戻してしまう力があります。いい夏合宿(キャンプ)になりました。



公園でも働けるオフィス・中野セントラルパーク

中野にあたらしいオフィスビル・中野セントラルパークが建ちました。徳川綱吉の屋敷があったこの地は陸軍中野学校そして警察学校となり、現在は再開発プロジェクト「中野四季の都市(まち)」が進められています。
広大な敷地には東京警察病院の他、中野区が管理する四季の森公園、中野セントラルパーク、明治大学、帝京平成大学、早稲田大学が2013年の開校に向けて建設中です。

ここの立ち上げに関った皆さんとアイデアキャンプをやってきました。中野セントラルパークが持つ敷地にはウッドデッキが広がり、その横はまったく境目を感じさせることなく中野区の公園が隣接していて、中野駅から徒歩2,3分とは思えない開放感です。

いつもながら笑いに溢れる時間と空間になりました。昼間は34度という暑さでしたが、スタートした16時半ぐらいには心地よい風が吹きはじめ、夏の夕方の屋外の気持ち良さを堪能しました。

ウッドデッキにはベルギーのextremis社によるアウトドア向けのテーブル(Hopper Table)が置かれています。この場所が新しいコミュニケーションの場となり新しいワークスタイルを生み出してくれそうな予感がひしひしとします。

ビルの中も見学させてもらいました。130mのスパンが飛ぶ大きなフロアからは公園の緑をつねに感じることができます。こんなオフィスを見るのは初めて!とフツーに思いました。

参加者の方からは

アイデアキャンプは、話を聞くのと、実際にやってみるとでは大違いで、楽しみながらアイディアが湧き出る感じがとても新鮮というか、とても気持ちの良いものでした。

といったコメントをもらいました。

ここで働くみなさんはこのオフィスと公園を行き来しながら新しい場所の使い方を発明していくことでしょう。グランドオープンは10月とのこと。またひとつ東京に楽しそうな場所が増えました。


UR団地再生部門のみなさんと練習キャンプ +  答えを出すことで問題を考える

先日はひばりが丘団地で団地好きなみなさんとアイデアキャンプを行いました。
そして今度は、URの団地再生業務に新しく携わることになったみなさんの研修の一環として、アイデアキャンプをやることになりました。

まる2日間の研修期間のうち、2日目の午後から夕方まで。場所は研修で使われていた会議室で行いました。部屋はオーソドックスな会議室然とした部屋ながら、みなとみらいを一望できる眺めの良い部屋でした。気持ちの良い場所まですぐに歩ける距離にありますが、今回は会議室の中でアイデアを出し合いました。

「今からはアイデアを発散的に出すための時間と空間なんだ」「いつもの会議とは違うんだ」ということを共有してもらいやすいよう

  • お菓子を準備
  • 音楽をかける
  • 研修で使ったテーブルはすべて移動して机ナシ状態にして、段ボールを囲むように座る

と場をセッティングしました。これだけでもだいぶ会議室らしくない雰囲気になるものです。

研修の宿題として「自分の好きな団地の写真を10枚」を撮って来て頂いていました。2人1組になって、これをお題に「ただひたすら好きなことを話す+ただただ相手の話を聴く」を10分ずつ交代でやっていただきました。
これは傾聴の練習でもありますが、チームのメンバーがお互いにどういう好みがあるかを伝え合う時間でもあります。こういう時間を持つと、「ここは好き勝手なこと言って良い場なんだ!」という雰囲気を共有しやすくなります。
いつもの会議室でアイデアを出し合う場合には特にこうした時間が大事だと思います。

そして『みんながニコニコしている団地』というお題で、ランダムインプットの変形版を試していただきました。研修を実施する側のみなさんも「こんな風景みたことない…」とびっくりされるぐらい、会議室は笑い声に溢れていました。
おそらく会社で真面目に議論をする会議室とはだいぶ違った時間と空間だったと思いますが、我々もそうした様子を見るとお役に立てた気がしてとても嬉しいです。

一通りアイデアを出し合った後は、ベスト3を選んでからベスト1を絵に描いて発表です。全部で13チームあったので、発表のスタイルは以下のようにしました(就職説明会方式?学会のポスター形式?)。

  • チームを2手に分ける:残って発表する2人と他のチームの発表を聞きに回る2人
  • 発表する2人は聞きに来た人にアイデアを説明
  • 聞きに回る2人は時間の許す限りいろいろなチームのアイデアを聞きにいく
  • 前半と後半で発表する2人と聞きに回る2人と交替する

このようにすると、すべてのグループにプレゼンしてもらうのが難しい場合に発表の時間を一定の時間でまとめることができます(すべての参加者がすべてのアイデアを共有できない場合もありますが)。

みなさんから後日いただいたコメントとしては、

  • 突拍子もないアイディアもあり、ちょっとアレンジすればすぐに使えそうなアイディアもあり、なかなか楽しかったです。午前中の講義と直結しなくても、いろいろなところにアイディアが転がっているのかなぁと感じました。
  • これだけ多くの人があつまれば色々な発想が出るもんだなぁと感心しきりの時間でした。面白かった!実現出来そうなアイデアもあったのが驚き。

など、「楽しい」「面白い」という言葉がたくさんあって嬉しい限りです。その一方で、

  • 今後の仕事の参考になったとは思えないけど、楽しい時間を過ごせました。
  • 実務に直接結びつくかは?

といったコメントも頂きました。

これは、どんな業種のどんな職種の方とやっても、必ずこうした質問/感想をお聞きします。真面目な方ほど?突拍子もないアイデアを出す方法が実務にどう落とし込めれるのか?を気にされるようです。

発想のプロセスは、きちっと定義された問題に対して正解を出すような直線的なプロセスとは違い、
「答えを出すことで問題を考える+また答えを出しては問題を考える」
「(鶏と卵の関係のような)答えと問題の間を何度も往復し、発散と収束を何度も繰り返す」
といった非直線的なプロセスであることが特徴です。

ランダムインプットは特に突拍子もないアイデアを出すのに良い方法ですが、突拍子もないアイデアを出すことで、新しい問題を作り出すことができます。
例えば、今回のアイデアの中には、

  • (URの中の掃除をする)クリーンメイトの人たちが全員ジャニーズ!!

というアイデアがありました。

このアイデアの実現可能性は低いと思いますが(笑)、この答えからは

  • クリーンメイトの皆さんにニコニコしながら掃除をしてもらうにはどうすれば良いか?
  • クリーンメイトの皆さんが入居者を惹き付けるにはどうすれば良いか?
  • クリーンメイトの皆さんがサービスの幅を広げるとしたらどんなコトが出来るか?そのための仕組みはどんなものか??

といった「より具体的・現実的な問題」を作ることができます。

数時間ほどのアイデアキャンプでは、まずは最初の答えを出してみるぐらいしか出来ないのですが、まる1日かけられる場合には、最初の答えからこのような具体的・現実的な新しい問題を作り直し(細かく具体的な問題が複数個出るのがふつうです)、新しい問題に対しての答えをもう一度出し合うことができます。ここまでやればまた一味違った達成感を味わうことができます。