懐中ポストイット

懐中ポストイットの材料、ポストイット、ペン、カードケース

ポストイットは本当に便利な道具なのですが、ずっと気になる欠点がありました。それは携帯性がよくないということです。

ブロックロディアなんかは、厚紙の表紙が付いていて、そのままバッグの中にぽいっと入れても問題なかったりするのですが、ポストイットはそうはいきません。バッグの中にいれようものなら、紙の角は黒ずみ、表のページはそのうち折れてはがれかけたりします。ぼくは、15センチ×10センチくらいのメッシュ状の小さな入れ物にペンやUSBメモリをおさめてそれをカバンの中に入れていたりするのですが、その中に入れても状況は同じです。

この問題を解決すべく、小さなポストイットのための筆箱を考えてみました。

外箱はプラスティック製のカードケースです。その中に、75ミリ×50ミリのポストイットを入れます。外箱はもう少し大きなものを用紙して、75ミリ×75ミリの標準サイズのポストイットを入れるという考え方もありますが、大きな外箱となると、汎用品として使えるものが少ないため、あえてカードケースにしました。カードケースであれば、名刺ケースとして販売されているものが流用できます。ちょっと前までは、無印良品のカードケースがこの形状でしたが、今はジャバラ式のものに変更されていて、残念ながら無印のものは使えません。

ポストイットは、50ミリ×50ミリのものでもいいですが、ケースが若干余ってしまいます。50ミリ×50ミリが二つ入ればいいのですが、それはサイズの制限があって難しいです。ややイレギュラーなサイズになりますが、75ミリ×50ミリが最適のようです。用途に応じて付箋型のものを二つ入れてもいいですね。

ペンはハイテックCプチモがなんとジャストサイズです。そのほかに、いくつかのメーカーから出ているストラップ状になっているミニタイプのものが収納可能です。今回は、メモ面が比較的小さいため、それを補う意味もあって、0.4ミリ極細字のハイテックCを採用しました。

小さなストラップを付けて販売されていますので、今回の用途ではストラップをはずして使用します。ハイテックCプチモは、ミニサイズでありながら、ブラック、レッド、ブルー、グリーン、ブルーブラック、ピンク、オレンジ、バイオレット、ライトブルー、ブラウンの各色で展開されています。

外箱がカードケース大なので、ジャケットの内ポケットに入れても邪魔になりません。ケースに入っているので、ポストイットが汚れる心配もなし。かばんを持って出かけようかどうか迷うちょっとしたお出かけも、とりあえずこれをもっていけば安心です。


Comments are closed.