キャンプ場でアイデアキャンプ

R0018909

昨年の秋のことになりますが、磐梯山麓のキャンプ場でアイデアキャンプを行いました。まさに文字通りキャンプ場でのアイデアキャンプです。

今回のキャンプは1泊2日。1日目にアイデアキャンプで発想を行い、2日目はお散歩をしたりカヌーに乗ったりとリラックスした時間を過ごしました。

R0018873

このキャンプ場はもともと教育向けに作られていて、テントサイトの代わりに常設のバンガロータイプのテントが設置されています。大人数に料理を出すためのキッチンやダイニングも整備されています。そのため、テントを張ったり、調理のスペースを準備することに時間を取られず、キャンプ場到着後すぐにアイデアキャンプを始めることができました。

R0018884

今回のもう一つのポイントは、普段料理人のお仕事をされている方にキャンプシェフをお願いしたことです。通常のキャンプでは、食事の用意などすべて自分たちでやる必要がありますが、今回のアイデアキャンプでは、食事に関してはすべて料理人の方にお任せしました。

これが思いの他成功でした。プロの料理人の方なので、つくるものがいちいち美味しい。家庭でもレストランでもないキャンプ独特の料理に、参加者の方々にも大変満足していただきました。これはまさに、リッラクスすればするほどよいアイデアに恵まれるというアイデアキャンプの目指すところそのものです。料理が美味しいと気持ちが盛り上がり、食事と食事の間のアイデア発想にも張り合いが出ました。

R0018921

当日は朝東京駅で待ち合わせをして、新幹線と在来線で移動してお昼すぎにはキャンプ場に到着しました。先に入っていただいていたキャンプシェフの方からさっとウェルカムドリンクが出され、さっそくアイデアキャンプの準備に入ります。

R0018949

今回は5、6人のグループで二手に分かれて、1時間半程度のセッションを3回行いました。せっかくのキャンプ場のなので、各回少しずつ場所を変えて、移動しながら発想セッションを行います。最後のセッションは湖畔で行いました。だんだんと日がくれてきてポストイットが見えにくくなるのと、目が慣れるのが追いかけっこするような感覚です。これもオフィス空間では体験することができない身体感覚です。

R0018970

日が暮れるとともにセッションは終了。お風呂と食事、そして焚き火でリラックスです。焚き火を囲みながら昼間のアイデアキャンプを思い出しながら感想の交換。さらには、アイデアから組織のビジョン、人生といった深い話が尽きません。

本格的なキャンプ場でのアイデアキャンプの機会はなかなかありませんが、社員旅行的な組織のレクレーションも兼ねて、こうしたアイデアキャンプを企画すると、研修効果半分、レジャー効果半分の一石二鳥の時間が過ごせるかも知れません。


Comments are closed.