フューチャー・オブ・ワーク

先に紹介しました高尾隆さんと中原淳さんによる「Learning × Performance インプロする組織  予定調和を超え、日常をゆさぶる」では、企業・組織の活動を日常/非日常という視点から捉えていました。

アイデアキャンプの書籍ではコレクティブな活動:組織的分業/コネクティブな活動:接続的創造という視点から、企業・組織の活動を捉えました。
コレクティブな活動
・役割分担を基に分業と調整を行い、各人の努力が組織のアウトプットにまとまるように統合
・組織の形態としてはヒエラルキー型となることが多い
コネクティブな活動
・多様な人の多様な視点で新たなアイデアを生み出す
・いつもの役割を離れ、ダイナミックなネットワーク型の組織を作り出す

この捉え方は幾つかの文献や書籍から影響を受けていますが、こうした働き方の違いを分かりやすく説明しているもののひとつが、トマス・W・マローンによる「フューチャー・オブ・ワーク (Harvard business school press)」だと思います。

情報伝達コストと組織のあり方の関係、権限を集中する組織と分散させた組織の違いやメリット/デメリットなどが説明された上で、集中化された階層型組織と分散化されたネットワーク型組織をどうバランスさせ二つの矛盾した組織のあり方を超越した組織を作り出せるのか、について論じられています。

AかBかという二元論ではなく、それらを止揚して良いトコ取りはできるのか?ということですね。
コレクティブな活動はオフィスの中で、コネクティブな活動はオフィスの外へ、というのがベーシックなアイデアキャンプのスタイルです。もちろん他にも色々な組み合わせ方があることでしょう。

もちろん集中管理型でガンガン行くような会社はこれからもあるでしょうし、分散育成型でダイナミックに動く会社もあることでしょう。そうした戦術のバリエーションが広がるにつれて、それぞれの企業・組織がみずから戦術の立ち位置をより明確にしていくことが求められているのだと思います。

帯には「『命令と管理』から『調整と育成』へ」と書かれています。
「アイツこんど管理職になったんだってさー」という会話がされる会社と、
「アイツこんど育成職になったんだってさー」という会話がされる会社とでは、
ナニかが違う気がします。

そうした違いはサッカーチームのスタイルの違いに近いのではないか、と良く思います。代表チームでは国民性が反映される部分がありますし、監督が変われば戦術ががらりと変わることもあります。どういったシステム・スタイルが良い悪いといった議論もよくされますが、勝てば褒められ,負ければ貶められる…。こうした点も企業のシステム・スタイルと近いようにも思います(w

エントリー経営の未来+組織の重さでも近い書籍をいくつか紹介しています。


Comments are closed.