公園でも働けるオフィス・中野セントラルパーク

中野にあたらしいオフィスビル・中野セントラルパークが建ちました。徳川綱吉の屋敷があったこの地は陸軍中野学校そして警察学校となり、現在は再開発プロジェクト「中野四季の都市(まち)」が進められています。
広大な敷地には東京警察病院の他、中野区が管理する四季の森公園、中野セントラルパーク、明治大学、帝京平成大学、早稲田大学が2013年の開校に向けて建設中です。

ここの立ち上げに関った皆さんとアイデアキャンプをやってきました。中野セントラルパークが持つ敷地にはウッドデッキが広がり、その横はまったく境目を感じさせることなく中野区の公園が隣接していて、中野駅から徒歩2,3分とは思えない開放感です。

いつもながら笑いに溢れる時間と空間になりました。昼間は34度という暑さでしたが、スタートした16時半ぐらいには心地よい風が吹きはじめ、夏の夕方の屋外の気持ち良さを堪能しました。

ウッドデッキにはベルギーのextremis社によるアウトドア向けのテーブル(Hopper Table)が置かれています。この場所が新しいコミュニケーションの場となり新しいワークスタイルを生み出してくれそうな予感がひしひしとします。

ビルの中も見学させてもらいました。130mのスパンが飛ぶ大きなフロアからは公園の緑をつねに感じることができます。こんなオフィスを見るのは初めて!とフツーに思いました。

参加者の方からは

アイデアキャンプは、話を聞くのと、実際にやってみるとでは大違いで、楽しみながらアイディアが湧き出る感じがとても新鮮というか、とても気持ちの良いものでした。

といったコメントをもらいました。

ここで働くみなさんはこのオフィスと公園を行き来しながら新しい場所の使い方を発明していくことでしょう。グランドオープンは10月とのこと。またひとつ東京に楽しそうな場所が増えました。


Comments are closed.