ひばりが丘団地でコミュニティキャンプ with 団地R不動産

先週の土曜日12日に、西東京市・東久留米市にあるひばりが丘団地でアイデアキャンプをしてきました。

新しい視点で不動産を発見している東京R不動産が、団地の魅力を伝える「団地R不動産」というサイトをやっています。そのイベントとして「団地の面白い住み方・使い方を考えるアイデア会議」が開かれました。

緑豊かな団地の中でランチを食べたり団地の中を散歩して、アイデアキャンプ的にいろいろな文房具を使いながらアイデアを出すことになりました。場所は団地の中の集会所を使わせていただきました。

幅広い世代、ご職業の方にたくさんご参加いただきました。参加者みなさんは初対面の方々でしたが、団地もしくはこのひばりが丘団地に共通の関心を持っているという意味では、書籍の中で紹介したコミュニティキャンプにあたると思います(仕事でも遊びでもない社会的な活動のためのアイデアキャンプをコミュニティキャンプと呼んでいます。)

ひばりが丘団地は昭和34年に誕生したとても広い敷地を持つ団地です。当時は先進的な建物であったスターハウスが改修・保存されていたり、皇太子・皇太子妃が視察に来られたバルコニーが切りとられて保存されていたり、その長い歴史と共に樹木も大きく育ち、東京とは思えない緑豊かな環境になっています。古い歴史を大切にしながらも、古い建物は新しい建物に立替えられています。

時代の変遷と共に転機を迎えているひばりが丘団地に実際に来て・見て・感じ、「団地の面白い住み方・使い方は?」というお題でアイデアを出し合いました。
アイデアを出す方法としては、ランダムインプットとストーリーテリングを組み合わせたものにしようと考えました。

最初は発散モード+傾聴モードになってもらうために、2人組になって団地について思っていること考えていることを10分間ただ話す+聴く、をしました。みなさん団地には熱い思いを持っていらっしゃるだけあって、一瞬で場が盛り上がりました。
そして次は4人ひと組になって、ただ思いつくままに「ちょっと変わった職業の人」を口に出して行きます。A2の段ボールにポストイットが一杯になるぐらいまで。その後はランダムインプットと同じように、目をつむって一つポストイットを選びます。選んだら職業の人と団地をむりやり結びつけるようにして/大喜利のようにして、アイデアを出し合いました。もちろんここでも大盛り上がり。みなさんアイデアを出し合うことをとても楽しんでおられたようです。

4人で出し合ったアイデアの中からベスト3を選び、最終的にはベスト1を選びます。13時から始まってこの頃には16時。みなさんに持参してもらった300円分のおやつをシェアして食べながら作業をしました。好きなおやつにはみなさんの個性がとても現れるもので、お互いの嗜好や感覚をシェアできる良い時間だといつも思います。最後にはベスト1を絵にして発表してもらいました。

6グループのアイデアをシェアした後は、ひとりひとり一言ずつ今日の感想や団地への思いを話してもらいました。

緑豊かな団地の中の散歩、5月らしい空の下でのランチ。そしてアイデアキャンプ。とても楽しい良い時間でした。参加していただいたみなさん、団地R不動産のみなさん、URのみなさん、どうもありがとうございました。


Comments are closed.