ヒキダシを広げる場所*ブックシェアリング

荻窪にある6次元に行ってきました↑。
カフェとギャラリーと古本を扱っている素敵な場所です。

知人の田中千絵さんの展覧会「ヒキダシ ノ カレンダー」と、ヒキダシ展を見に行きました。

田中さんにご紹介いただいた6次元の中村さん、なんとアイデアキャンプの本を読んで、実際にいろいろな場所でアイデア出しをされているとのこと。とても嬉しい出会いでもありました。

6次元にはさまざまなジャンルの古本が置いてあり、本を読むというよりは読み耽るという動詞が似つかわしい場所に思えました。自宅に戻ってウェブサイトを拝見し、おぉっ、と思ったのが「ブックシェアリング」です。
—–
 本は六次元にかかわる方を中心にセレクトしています。
 お茶を飲みながらご自由にお読みください。
 不要な本で、飲食代を支払うことも可能。
 みんなでシェアしたくなるような古書をお持ちください。

—-
とありました。

次に6次元に行く時に、あの本棚に納まりそうな本を持っていくとしたらどんな本だろう。そう思って本棚を見てみると、単に本を整理するのとは全く違う感覚が湧き上がってきました。誰かに読んでもらいたい本を選ぶ、それはある種プレゼントを選ぶような感覚でした。
自分の本棚には、最近読んだ本、何度も何度も読み返している本、ずっと読んでいないけど捨てずにいる本、いろいろなものがあります。次に6次元にお邪魔する時にはジャンルだけでなく自分との関わり方も含めて本を選ぶんだろうなー、と思いました。

そしてふと、「アイデアキャンプに出かける相手と本を交換しあう」というのも面白い発想プロセスになりそう、と思い付きました。

いぜん書いたエントリーに「お弁当交換」があります。
誰かと食べ物や本を交換するというのは、その人と嗜好を交換することでもあります。
アイデアは多かれ少なかれ個人の主観が反映されるものです。
食べ物や本を交換した人どうしであれば、あぁこの人の嗜好と思考がこう関係しているんだろう、と想像しやすくなるでしょう。ちょっとした感想を伝え合えば、お互いの考え方や好みの違い/似ている点がすこし分かりそうです。
また、自分が普段は気にかけていない情報を取り入れることができて、思考のヒキダシも広がることでしょう。

古本を眺めながらコーヒーを飲みつつヒキダシ展と色々な方々との会話を楽しんだら、こんなアイデアを思い付くことができました。近いうちに何かのアイデアキャンプでぜひ試してみたいと思います。


Comments are closed.