アメリカで発見!オフィス向けイーゼル

岩嵜は実は昨年の夏からアメリカに滞在しています。(もうすぐ日本に帰国する予定ですが・・・)

今仕事をしているオフィスでアイデアキャンプ本でも紹介しているイーゼルのようなものを発見。同僚にきくとなんとオフィス向けのイーゼルでした!

プレゼンテーション・イーゼル(Presentation Easel)という名称で一般的に使われているようです。ひと通り検索しましたが、やはり日本には導入されていないようです。

プレゼンテーション・イーゼルには会議室などに固定して使われるものとポータブルなものの二種類があるようです。ポータブルタイプのものはまさにアイデアキャンプ向け。

たしかに、アメリカのオフィスではイーゼルパッドまたはフリップ・チャートとよばれるフックに掛けて使うタイプの模造紙のようなもの(3Mの巨大なポストイット状のイーゼルパッドはここから派生したものです)を使う習慣があり、会議室にはこれらを引っ掛けるための縦長のホワイトボードのようなものが置かれていることがよくあります。

まさかそのポータブルバージョンがあったとは!この文脈からすると当然かもしれませんが、盲点でした。アイデアキャンプの企画を進めていく中で、イーゼルといえば絵画用という認識が既に思い込みになってました(汗)

絵画用イーゼルとの大きな違いはイーゼルパッドを引っ掛けることができるフック付きの横長のバーが付属していることです。サイズも絵画用イーゼルよりは大きめで頑丈にできているような気がします。なによりもボードを受けるフックから上が長めなので、大きめのボードを立てかけても安心の安定度です。


Comments are closed.