アーキグラムの「アイディア・サーカス」

Ideas Circus by Archigram
Ideas Circus by Archigram

1960年代のロンドンに「アーキグラム」という建築家集団がいました。
彼らは実際に建てられる実作をつくらず、建築にまつわるさまざまなドローイングを雑誌として発行し、紙のメディアによって世界中の建築家に大きな影響を与えました。足のついた巨大な都市である「ウォーキング・シティ」、取り外し可能はユニットで組み立てられた「プラグイン・シティ」などが有名です。
アーキグラム – Wikipedia

彼らの(仮想)プロジェクトの中で、アイデアキャンプに近いアイデアに「アイディア・サーカス」というものがあります。
—– アイディア・サーカス スキーム
セミナー、会議、展覧会、討論会に必要な設備を、5、6台のトラックで運ぶパッケージ。これを既存の建物や設備に連結し、はじめから「サーカス」用であったかのごとく使う。もっとも「サーカス」は完全に自律的である。必要ならば、野原のまんなかでも成立つ。地方の主要施設を巡り、大学にマイクをしかけ、人やテキスト、実験室の映像を手に入れる。これを、場所を変えて繰り返す。小さな街を週末に巡ってもよい。数台の車で地区の女性センターの討論会へ出かけてもよい。「アイディア・サーカス」の中身は、基本的にフィルムとスライド。フィードバックのための設備は重要だ。セミナー、テキスト、映画などの資料化がなされ、保存されなければならない。一定の場所を動かない教育施設は、補充が必要となる。一方、移動式施設は、来てもしばらくしたら、いなくなってしまう。だが、この「アイディア・サーカス」も、包括的な情報ネットワークができるまでの代用品にすぎない。
—– アーキグラム, 鹿島出版会, pp.100-101
こうしたモバイルオフィスのようなアイデアは、オフィス・働き方の小ネタ集とも言える「POST-OFFICE」の中にも描かれています。POST-OFFICEの著者の中にもアーキグラムが大好きなメンバーがいて、今でも様々な時代の建築家に影響を与え続けています。もちろん、僕もそうした影響を受けた一人です。

アイディア・サーカスは、都市を構成するエレメント(広告や映像装置など)を気球や飛行船で運び、旧来的な都市を仮設的に変容させる「インスタント・シティ」の小規模版と言えます。
Instant City by Archigram
Instant City by Archigram

アーキグラムのすべてのプロジェクトに共通する特徴は、「可動的・増殖的」「仮設的」「遊牧民的(もしくはゲリラ?)」であり、それらが実現することによって既存の都市を変容させることです。

さまざまなスケールの装置を都市に挿入して空間の使い方を変えようとする試みは、情報系の研究分野としてモバイル・コンピューティングやユビキタス・コンピューティングといった領域でもさまざまな研究が行われています(この辺が中西の研究分野でもあります)。

アイデアキャンプも近しい特徴を持っていますが、ひとつ違うことは「セルフビルド(自分でつくること)」です。都市やオフィスといった空間につくる人と使う人という関係ではなく、使う人がつくる、つくる人が使う、そういう関係がもっと広まれば良いなと考えています。
この視点からすると、近しいプロジェクトとして「東京ピクニッククラブ」があります。紹介はまた別のエントリーにて。

アーキグラム, アーキグラム, 鹿島出版会
アーキグラム

POST‐OFFICE―ワークスペース改造計画, 岸本 章弘, 中西 泰人, 仲 隆介, 馬場 正尊, みかんぐみ, TOTO出版
POST-OFFICE


Comments are closed.