ポストイットを組み合わせながらPMI

何人かで出したアイデアをより多くの人にお披露目して、アイデアを絞りながらその中からさらにアイデアを拡げる、というワークショップを某所でやってきました。色々な人の意見を共有したかったので、書籍の中でも紹介しているPMIを行いました。

PMIはアイデアの評価をする時に、「良い plus」or「悪い minus」だけではなく、「興味深い interesting」を加えるという方法です。それらを下にポイントを整理して、アイデアを発展/さらに具体化します。

今回は大人数で行ったので、まずA0の段ボールにA4の紙に描いたアイデアをたくさん貼って、アイデアの紹介をしました。(残念ながらこの写真はお見せできません…)

個々のアイデアを聞くいて自分が思ったこと・感じたことを書き留めてもらいながら、後でまとめてPlus Minus Interestingを書いてもらい、さらに自分のアイデアを思いついた人にはアイデアを付け足してもらう、というかたちで進めました。

書籍の中では画板と一種類のポストイットを使う方法を説明しましたが、今回は名刺よりひとまわり小さいサイズの50mm x 75mmを4色、ミーティングノートと呼ばれる149mm x 200mmのものを使いました。名刺よりひとまわり小さいサイズはA8、ミーティングノートはA5ぐらいの大きさです。

名刺サイズの緑色のものにメモ書きをしてもらっておき、その後に青にPlus、ピンクにMinus、黄にInterestingを書いてもらって、新しいアイデアはミーティングノートに描いてもらいました。

まずはアイデアを一通り説明して、その間はメモを書いてもらいます。その後は、段ボールの前に行ってPlus, Minus, Interestingのポストイットを貼っていってもらいました。
その後に、それぞれのアイデアについてみなさんが書いたPMIを発表してもらいました。新しいアイデアを思いついた人は、さらにそのアイデアの説明も。

PMIの後は自由に発言をしてもらいました。ある方が、同じメンバーで会議を何度かやっているけれど、いつもの5倍ぐらい発言の量があった、とおっしゃってました。5倍ですよ、5倍。
PMIの時に共通の対象についてまず考える時間があったこと、そして1人1人が発言する時間があったことで、今は自分の考えていることを言ってだ丈夫な場なんだと思っていただけたのだと思います。

いつもは会議が終るやすぐにみんな自分の部署へ戻って行かれるそうですが、この日は終った後もしばらくその場で何人の方が立ち話をされていました。

さらにスケッチを会議で描き合うということは普段はないそうですが、何人かの方がスケッチをその場で描いていました。これぞ、道具と環境が変われば、プロセスと結果が変わるという好例だったと思います。

考えやすい+描きやすい+話しやすい場を作ることができた、ということだと思うのですが、アイデアキャンプをやった甲斐があったというものです。

色とサイズで考える過程と結果を共通化することで、後で話す内容を共有化し易くなることがあります。もちろんもっと自由に考えることが大事なフェーズもあるのですが、今回のワークショップのように技法を取り入れることのメリットもあるのです。人数が増えた場合や、お互いが何をどう話せば良いかを共有できていない場合には、効果が高いと思います。

余談ですが、ミーティングノートの大きさのポストイットを持っていくと、「えー、こんなサイズのもの売ってるんですねー」と驚かれることがけっこうあります。文房具店ではほとんど取り扱われることがないからだと思いますが、言葉だけでなく具体的なアイデアを絵や図として描いていくには、A5サイズぐらいでないと難しいものです。

通販ですぐに買うことができますから(ちょっと値段が高いのですが)、気になった方は一度試してみてください。
kaunet 住友スリーエム 強粘着ミーティングノート 149×200


Comments are closed.