現場へ出かけるアイデアキャンプ

アイデアキャンプで出かける先として「気持ちの良い場所」だけでなく、「現場」へも出かけることがあります。

先日、某社の方々と某所へフィールドワークに出かけました。

その会社の皆さんも普段はホワイトボードをとても上手に使われている方々ですが、A5サイズのノート型のポストイットやポストイットのりや、また画板やカードケースをホワイトボードの替わりになることはご存知なかったようで、文房具を持って現場に出かければ色んな場所でブレストができるんだー、と少し感心されていました。

フィールドワークでとあるビルに登って、久しぶりに高い場所から東京を見渡しました。東京って本当に広い平野ですね。
関西出身の私(中西)は周りには山があるのが日常だったので、東京に住み始めた頃にはとても違和感を持ちました。平野だと思っていると激しい坂もたくさんあったりして、それも最初は驚いたものです。

フィールドワークに出ると、そんなちょっとした事の積み重ねが自分の中にたくさん溜まります。

さらに写真を撮りつつメモを書いていると、自分のアンテナが何かにチューニングし始める感覚が湧き上がってきます。

フィールドワークの後に各々が撮った写真を見せ合いながら感じたことを共有しましたが、やはり行く前と行った後では、気になるポイントの質が違ってきます。

そんなちょっとした気づきが、アイデアの種子になっていきました。


Comments are closed.