エコライブオフィスにてアイデアキャンプ

コクヨのエコライブオフィスで開催されている「エコ+クリCafe -品川エコライブオフィスで繰り広げられる対話コミュニティ-」で8/5(金)にアイデアキャンプを開催させていただきました。

45人ほどの方々に参加いただきました、どうもありがとうございました。18時から21時までと夜おそめ+長丁場だったので、300円ほどのおやつを持ち寄って、自分と選んだおやつの紹介から始めました。

ワークショップの進め方は
・自己紹介+おやつ交換
・取り組むサブ課題2つをポイント制で決定
・ワードダンス    :問題をゆさぶる
・ブレインストーミング:アイデアをたくさん出す+誰かのアイデアに便乗
・ストーリーテリング :アイデアを組み合わせる+整えるために変形する
としました。

この日は「チームの創造力を向上させる」がテーマでした。
そのサブ課題として
1)メンバーの主体的参画を得る
2)本質共有しアイデアをドライブする
3)本音で議論できる環境をつくる
4)組織の枠を超えたネットワークから着想を得る
5)クリエイティブに費やす「時間」を有効活用する
6)チーム内のスキル格差を埋める
が他のワークショップの参加者の方々によって既にまとめられていました。
この課題をまとめた時の参加者と、この日に参加された方々はほとんど別の方々でした。

会社や組織の中では、問題を考えた人と解く人が必ずしも一緒とは限りません。抽象化されてしまった問題文は、本当は現場や個人の問題意識からスタートしていても、いろいろな問題意識が集められ抽象化され綺麗な?問題文にされてしまうと、自分の問題として取り組むことが難しい場合があります。

そうした状況をいったん解きほぐして、問題文を作り替える発想技法に「ワードダンス」というものがあります。
・問題の動詞とその目的語を抜き出し、それを代替できる言葉をならべてみる
・ならんだ動詞と目的語を組み合わせて、問題に対する新しい視点を探す
・もっとも力強く問題を表現している文を選ぶ
という技法です。

誰かが作った問題を何通りにも言い換えてみたり、抽象的な問題を少し具体化することで、自分にしっくりとくる課題にすれば、アイデアの出方もだいぶ変わってくるものです。
また良い課題に作り替えることだけでなく、課題のバリエーションを増やすことでアイデアの数を増やすこともできるという特徴があります。

エコライブオフィスは、屋上庭園にすぐ出られる半屋外のようなスペースです。すわり易いよう階段の前にイーゼルを持っていったグループや屋外で夏の夜風を感じられた屋外に移動するグループがあり、参加者の方々がイーゼルを自分達で移動させ、思い思いの場を作られていました。

机ナシでポストイット+イーゼル+段ボールで発想する場と、いつもの会議室の違いを感じながら楽しくアイデアを出し合っていたように見受けました。

参加者の皆さんからの感想もいろいろと頂きました、どうもありがとうございました。


Comments are closed.