ソウルでもアイデアキャンプ


韓国の大手IT企業に務めるkimさんから、ソウルでアイデアキャンプを実践してみました、と7月に連絡をもらいました。
—–
この前の最初のアイデアキャンプでは撮った写真がなかったので、今週末に行なった2回の写真を添付します。

韓国はまだ梅雨で、野外でのキャンプはできませんでした。T.T

1回目は室内で大きなホワイトボードにポストイットを貼り付けながら行ないました。これも楽しかったですね。一つの主題での自分の役割にあったアイデアをどんどん書いて、それらを貼って一目でみんなが思うことを把握することができてよかったです。それに筆記に使ったペンで書いた字がやや太い感じだったので、離れている位置でもよく見えて、これもよかったです。

2回目は二人でスターバックスで行ないました。A4サイズのホワイトボードを使って互いに話し合いながらアイデアを交換し、それをまとめたポストイットを貼り付ける方法で行ないました。この時には内容を細かく書くために細いボールペンを使いました。二人だったので互いの距離も近くてぴったりでした。

今週中に部署内でアイデアキャンプを試してみるつもりです。社内では撮影は禁じられていますので写真で残せるかは保証はできないです^^;
—–

場所や進め方によって、文房具を使い分けているところが素晴らしいですね。

ペンの太さや紙の色、使う紙のサイズの組み合わせなど、ちょっとした事・ささいな事で発想の進めやすさがぐっと上がります。

アイデアキャンプにはそれほど斬新な提案がある訳ではありませんが、そうしたちょっとした事の組み合わせだからこそ、誰でも試せるアイデアになっています。
本を読んでくれたkimさんがソウルですぐにアイデアキャンプをやってくれたのも、だからこそでしょう。

書籍が出てからの2ヶ月で4回もアイデアキャンプを実践してくれています。日本以外の国の中ではいちばん活発なアイデアキャンパー?だと思います。


Comments are closed.