3331にてアイデアキャンプ

秋葉原の駅から8分ほど、電気街を抜けた辺りに旧練成中学校を改修して誕生した3331 Arts Chiyodという場所で、アイデアキャンプを行いました。

3331の1階にはギャラリーやカフェがあり、かつて教室だったスペースにはアーティストやクリエーターなどが入って活動をしています。

建物の前に広がる公園には、歴史を感じさせる大きな樹(何の樹でしょうね?)と桜の樹が公園の中にすくっと立っています。芝生も植えられていて、ちょっとした都会のオアシスです。

カフェの前は大きく扉が開いていて、室内のようでいて屋外のようなおおらかな空間で食事を楽しむ事ができます。

このカフェで2時間ほど、学生2人と社会人2人の4人でアイデアキャンプを開きました。お題は新しい働き方/学び方、としました。

まずは秋葉原から3331まで歩いてくる間に気になったものの写真を撮ってから、集合しました。この撮影した写真達を、ランダムインプットの要素とできるよう、何が気になったかをポストイットに書き出し、A2サイズの段ボールに貼付けていきました。

そして順番に働き方/学び方について、各自が気になっていることを自由に言葉にしてポストイット書き出していきました。そして順番に、秋葉原で撮った写真と誰かが気になっている事柄を組み合わせ、その問題を解決するアイデアを出していきました。

学生の2人はこうした作業は比較的慣れていましたが、社会人のお2人はこうした進め方は初めてとのことで、最初は緊張の面持ちだったように見受けられましたが、とにかく2つの情報の新しい組み合わせを見つければそれがアイデアになるんだ、という感覚を少しずつ掴んでいったようで、最後にはアイデアなんて誰でも出せるんだって思えるようになりますね、といった感想を述べられていました。

学生の2人はこうしたワークショップ形式のアイデア出しには慣れているものの、アイデアキャンプらしい場所でやるのは初めてでした。

アイデアを出す順番が回っている時に人の声や風の音が適度なノイズになってちょっと沈黙しても気にならないとか、情報の収集・内部探検・新しい組み合わせをつくる、それぞれのフェーズが明確に区切られてゲームっぽく進めるのはリズムがあって良い、といった感想を聞かせてくれました。まさにアイデアキャンプらしい時間を過ごしてもらえたようでした。


Comments are closed.