メトロミニッツ7月号にて書籍を紹介して頂きました

東京メトロの53駅構内にあるメトロマガジン専用ラックで無料配布されているフリーマガジン「メトロミニッツ」にてアイデアキャンプの書籍を取り上げていただきました。

7月号は「TOKYO SHADOW BREAK 日かげぼっこしに行きませんか?」特集で、東京の中の魅力的な日陰がある場所がたくさん紹介されています。

カフェや公園など、まさにアイデアキャンプに出かけるのにぴったりの場所がいくつもありました。

中でも僕が気に入ったのは、東京タワーの下。大きなタワーを支える橋脚が作る日陰というのは、とても東京的です。しかもすぐそばに、東京プリンスホテルや芝公園、増上寺やみなと図書館などがあり、さまざまな思考のスタイルを組み合わせながらアイデアを出すにはとても良い場所です。

日陰で何する?のベスト1「本を読む」の中で取り上げていただいています。隣に紹介されているのは、谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」と横山光輝の「伊賀の影丸 貸本単行本版」。なんだか恐縮です…。


Comments are closed.